近況

2017 / 08 / 23  20:52

中央アルプスの渓

 

白く美しく輝く花崗岩の沢を目指して今回は中央アルプスの某有名河川源流部。

有名でアプローチもただ歩くだけなので入渓者多数。

確かに魚は多いが型もそこそこでそれなりにスレたイワナ達。

河原には足跡だらけで初日からなかなか大変であった。

途中短いゴルジュが現れ中へ入ってみると純粋無垢なイワナ達が遊んでくれたので満足はしたが…

それでも花崗岩がゴロゴロした真っ白な沢は本当に素晴らしく綺麗で歩いてるだけでも楽しかった。

夜のお楽しみ焚火タイムでは突然の雷雨により慌ただしく飯を胃の中へ掻き込みテントへ避難して爆睡。

2日目も足跡だらけの沢に嫌気がさし下流へ降るも谷が深く降りられる場所を探しながらの釣りとなった。

一区間だけ釣りあとは早めの下山。

他の沢を目指したが何処も昨夜の雷雨の影響か大増水&カフェオレ状態なのでゴロゴロ転がっているボルダーを眺めながら帰路についた。

尺以上も釣れてるので特に不満はないけど満足感もない釣り旅となった。